メインメニュー
間室養蜂場報カタログ ダウンロード
花粉交配用ミツバチ 販売状況と価格表
お問い合わせ
急に蜂が必要になったら、間室養蜂場へ

花粉交配用ミツバチ

ミツバチの巣門の開け方の写真つき解説

ミツバチの巣門(入り口)の開け方

ミツバチは自分達の熱で蒸して死んでしまう(蒸殺といいます)ため、
巣箱に閉じこめたままの長時間の保存はできません。到着したら速やかに開けて飛ばしてあげましょう。

ミツバチが到着したらすぐに行って下さい。

1.まず置く場所を決める
一度飛び出した蜂は巣箱の場所を覚えて戻るため場所を決めたら動かさない。
2.窓から中を見て騒いでいるようなら...
霧吹きやジョーロなどで窓から水をかけて静めて下さい。羽が濡れて飛びづらく大人しくなります。
3.前と後ろ両方の木の窓を持ち上げて窓を閉める
前後の窓は、持ち上げて閉めて下さい。(ガムテープ・くぎ・画鋲などでとめる)
4.巣門の反対側に立ちトタンの巣門を開ける(5.参照)
巣門の正面に立つと蜂が勢いよく飛び出して来た場合に危険です。写真のように後ろから手を伸ばしましょう。
5.トタン上のピンを抜く 6.トタンを上に上げる
   
7.ミツバチが出て来て完了    

花粉交配用ミツバチのご用命は間室養蜂場まで