メインメニュー
間室養蜂場報カタログ ダウンロード
花粉交配用ミツバチ 販売状況と価格表
お問い合わせ
急に蜂が必要になったら、間室養蜂場へ

ミツバチ飼育情報

越冬前に花粉をチェックしましょう!

冬越しの前の準備として、巣の中の花粉の量をチェックしてみましょう。  ミツバチにとって花粉は蜜と同様の大切な栄養源となっています。今回お薦めする「代用花粉ビーハッチャー」は、花粉の足りないミツバチにはとても有効な栄養源となります。  イチゴの交配で冬にミツバチを受粉( ポリネーション) にご利用の方や、花粉不足のミツバチの群をお持ちの方にお薦めです。

ビーハッチャーを与える前に・・・

注意: ビーハッチャーは、与えても食べない場合があるのでポイントにご注意下さい。

【ポイント1】 たくさんの花粉を運んで来ていますか?

ミツバチは、足に花粉だんごをつけて巣に戻ります。
ミツバチがたくさん花粉を運んで来ている場合は、ビーハッチャーの必要はありません。
自然の花粉の方をミツバチが好むためです。まずは巣に戻るミツバチの足をよく見てみて下さい。

【ポイント2】 巣の中の花粉の量はどのくらいですか?

巣の中の花粉の量はどうですか?
巣の中に花粉がたっぷりある群は、ビーハッチャーを与える必要はありません。
それはミツバチが貯蓄している花粉を摂取するため、食べずにそのまま残ってしまうためです。
※もし、花粉が足りていてビーハッチャーを食べ残していたら、すぐに取り除いて下さい。
ビーハッチャーにカビが発生し、ミツバチに悪い影響を与えますので、ご注意を宜しくお願いします。

ビーハッチャーの与え方

1.巣の中の花粉の量をご確認下さい。( 花粉が少ない場合に与えます。)
2.まずは、端から2〜3cmまでカットして置いてみて下さい。
3.食べ具合によって、ビニールをはがして行くと良いので、食べ方に勢いがあったらビニールを全て取り外します。

花粉交配用ミツバチのご用命は間室養蜂場まで