メインメニュー
間室養蜂場報カタログ ダウンロード
花粉交配用ミツバチ 販売状況と価格表
お問い合わせ
急に蜂が必要になったら、間室養蜂場へ

ミツバチ飼育情報

スズメバチがおもしろいように捕獲できる

スズメバチの本格的な襲撃のシーズンに備えましょう。
夏になるとお薦めのポイントとしまして、スズメバチによる襲撃を防ぎ、駆除し、ミツバチを守ってあげることです。
スズメバチは、熊蜂(クマバチ)とも呼ばれ、姿も大きく、人に大変怖がられている存在です。それは、みつばちにしても怖い存在です。肉食の為、大切なミツバチを襲い、ものの1時間で群を失う場合がありますので、よく注意して守ってあげましょう。

熊蜂捕殺器はスズメバチが上へ上へ舞い上がる習性を利用

熊蜂捕殺器(軽便式)
(何度も改良を重ねた当社オリジナル商品)

(1) 巣門の前に置きます。 (2) 置くときのポイントは前を上げること。 (3) 石でも何でもいいので、前を上げる。

熊蜂捕殺器の使い方

蜂の巣箱の入口の前に、捕殺器の底の部分に、石でも何でもいいので、浮かすように取り付ける。この捕殺器は、ススメバチを一度、蜂箱の入口に近づけて、みつばちをくわえて帰る時に、スズメバチが上に上にと舞い上がる習性を利用しています。上部のカゴに捕らえて捕殺します。取り出す時は△亮命燭砲△襦▲ゴの入口をスライドして、開けてスズメバチをはしなどでつまんで取り出します。

粘着シートは、スズメバチがにおいで仲間をよぶ習性を利用

粘着シート
(捕殺器との併用で効果抜群。雨に濡れても長く使えます。)

(1) 生きているスズメバチを2〜3匹つける。
このようにビッシリと張り付きます!
(2) ニオイで仲間を呼ぶので、このように!

粘着シートの使い方

※生きているスズメバチを粘着シートで、はたいて数匹貼りつけて、巣箱の上に置いておきます。 (生きた物を必ずつけてから置いて下さい。おとりがついていないとスズメバチは獲れません) (飛んでいるスズメバチを粘着面ではたけば、もうはがれない状態なので簡単につけられます) それを、巣箱の上に開いた状態でおきます。後は、ススメバチが臭いで仲間を呼びますのでおもしろいようにスズメバチが貼り付きます。捕殺器を併用すると非常に効果的です。

花粉交配用ミツバチのご用命は間室養蜂場まで