メインメニュー
間室養蜂場報カタログ ダウンロード
花粉交配用ミツバチ 販売状況と価格表
お問い合わせ
急に蜂が必要になったら、間室養蜂場へ

ミツバチ飼育情報

スズメバチ特集

大スズメバチは大変危険です!近づかないで下さい!!

怖い怖いスズメバチ。大スズメバチは、本当に怖いです。出来るだけ近づかないで、専門家に駆除を依頼しましょう。 かなり、どう猛で気性の荒い生き物ですので注意が必要です。

黄色スズメバチなどの巣を発見したら・・・

黄色スズメバチ、小さなスズメバチ類とアシナガバチは、小さな巣のうちになら、夜になって暗い中の駆除ならば出来ることもあります。本来、ハチは紫外線で動く生き物ですので、夜になり暗くなるとみんな巣に戻ります。目も見えていないので退治するには、いい時間帯となります。

スズメバチの巣の取り方

(用意するもの) ハエ・蚊などの殺虫剤(ノズル付きスプレー式) 1本
  1. 雨ガッパ・長靴・ゴム手袋で、ハチを見るために防御して下さい。
  2. 暗くなってからゆっくりと近づいて行きます。気づかれて、巣の回りにスズメバチが出て来る場合は、ゆっくりと後退して、また改めて駆除して下さい。 うまく近づくことが出来た場合は、入り口には偵察のためにスズメバチがいますが、それは無視して約1メートルくらい先から、入り口めがけて、ノズル式の殺虫剤でかけながら近づき、ティッシュ(スズメバチの巣は壊れやすいため)で入り口にフタをします。【写真A→Bのように】
  3. 後は、好きなところから、ノズルを巣の中に入れて、噴射し続けて一網打尽に!!
大スズメバチ(土の中などに作るタイプ)の場合でも、基本的には、同じなのですが、とても危険なため、ご自身での駆除はお薦め出来ません。弊社では、この方法でほとんどの巣を取っていますが、刺されても一切の責任は負えません。自己責任において、やるかやらないかはお決め頂きたいと思います。

花粉交配用ミツバチのご用命は間室養蜂場まで