メインメニュー
間室養蜂場報カタログ ダウンロード
花粉交配用ミツバチ 販売状況と価格表
お問い合わせ
急に蜂が必要になったら、間室養蜂場へ

ミツバチ飼育情報

ミツバチの分蜂の季節になりました

蜂の固まりを見かけたら、それが分蜂群です

春になり、ミツバチが盛んに増えていく季節です。それは、分蜂(巣分れ)の季節でもあります。
分蜂は、巣の中で働くところが無くなった時( 蜜を集める場所が無かったり、新しい巣を作る場所が無かったりすると) 新女王が作られ分蜂して、新しい巣を求め飛び出します。第一回めの分蜂では、古い女王蜂と共にいっせいに飛び立ちます。二回め以降は、その他の新女王が出ることもあります。よくそれが木にぶらさがっている事があります。遠く迄飛ぶ為にお腹いっぱいになっている蜂なので大変おとなしい群です。(左の写真)

分蜂群を取ってみようと思ったら・・・

分蜂群を取りたい場合は、木の巣箱と巣を用意すると良いです。
一番良い方法は、左の写真のように巣箱に巣を数枚入れ、その上にボール状になっているミツバチを落とす方法です。
木の箱が無い場合は、紙袋か麻の袋等通気性の良い袋か段ボール箱に取ります。ビニール袋は厳禁ですので使わないで下さい。
そのまま蜂を飼ってみたい方は、お近くの養蜂場で巣箱や道具等を揃えましょう。

大人しい分蜂群ならではのこんな事も・・・

ミツバチの大好きな方には、満腹で大人しい分蜂群ならではのこんな事にもチャレンジ出来ます。それは「蜂ひげ」です。
当蜂場では、この季節に毎年会長が蜂ひげ写真の撮影をします。やはり大人しい分蜂群とはいえ、大量の蜂に囲まれての撮影となりますので、蜜蜂アレルギーをお持ちの方やショック等に弱い方は絶対にやらないでくださいね!挑戦されるのはお客様の責任においてされて下さい。当養蜂場では一切の責任は負えませんが、手順のご説明を掲載させて頂きますので、よろしくお願いします。
 
分蜂群の中から女王を取りだし王籠に取りひもをつけて首から下げます。 働き蜂を大きな紙に落とします。 紙に蜂を乗せたら、それを王籠へ向かってかけます。  
蜂ひげの完成です。
にっこり笑ってハイポーズ♪(今年は水戸黄門様にチャレンジ!)

花粉交配用ミツバチのご用命は間室養蜂場まで