メインメニュー
間室養蜂場報カタログ ダウンロード
花粉交配用ミツバチ 販売状況と価格表
お問い合わせ
急に蜂が必要になったら、間室養蜂場へ

はちみつの秘密

はちみつのことを知ろう

はちみつには身体にいいことがたくさんあります。

はちみつは「からだにとてもいい食品」というイメージはありますが、実際にどんなことがいいのかご存じですか?
具体的に何がいいのかを話そうとすると難しいのではないかと思います。
ここでは、蜂蜜と健康の関係についてご紹介しましょう。
はちみつの秘密

はちみつに含まれる栄養とは?

蜂蜜は、豊富なビタミンとミネラルが人体に最も吸収しやすい割合で多量に含まれています。
この上なく美味で効果の素晴らしい総合栄養素が大自然の恵みで安価に得られることは幸いです。
<はちみつの成分>
果糖、ブドウ糖、ビタミン(B1・B2・C・K)、葉酸、ニコチン酸、パントテン酸、ピオチン、コリン、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄、銅、マンガン、燐、硫黄、ナトリウム、硅素、その他

はちみつの長所とは?

蜂蜜は、胃腸に負担をかけず直ちに吸収されすぐにエネルギーになります。
激しい労働の後や幼児病弱者の栄養に最適です。
蜂蜜は、天然の栄養料ですから他の糖分や栄養素を取り過ぎた場合のような種々の副作用が無く、健康食、美容食として安心して御飲用願えます。
特に女性の美容には飲用と共に直接お肌にパックして下さい。

よいはちみつを選ぶ目安とは?

蜂蜜は、その分泌する植物特有の香り、色沢を持っています。香りや風味によって、その蜂蜜が何の花からとれた蜂蜜か判別出来ます。
強い臭気のあるものや、特にコゲ臭いものは避けた方が無難です。
寒い季節になると蜂蜜はよく結晶します。結晶の仕方は花の種類や濃度などの状況によって一様ではありません。
蜂蜜は結晶してもその効果は変わりません故、そのまま召し上がるのが一番よく用途によって少し温めれば簡単に溶けます。

はちみつが固まってしまったら?

はちみつは冬季によく結晶(白っぽく固まる)します。花の種類によって結晶の仕方は様々です。
一般に草の花は結晶が早く夏でも結晶することがあります。それに対して木の花(アカシアやトチなど)は、結晶しにくいほうに入ります。
結晶した蜜を溶かすには、ビンごとお湯につけてください。温度を60℃以上にするとはちみつの成分が変質しますので、60℃以下で溶かすことをお薦めします。

中国産のはちみつ、安全性は大丈夫?

中国産というと、確かに今のところのイメージはかなり悪いですね。
特に2002年春の抗生物質の問題は記憶に新しいと思います。しかし、当養蜂場では、10年以上前から海外の輸入に本腰を入れてきた養蜂業者と提携し、精密な機械による、現地での全品検査、国内での全品再検査、現地養蜂家への技術指導の徹底と安全に対して、絶対的に自信のある商品だけを扱っています。

中国産のはちみつ、品質はどうなの?

安全性と関連しますが、中国現地での技術指導、検品作業はすべて日本人が行っています。
初期の段階ではつらい状態でしたが、やっとここ数年、国産並みに品質の良いはちみつが確保でき、選別したごく一部ではかなりのレベルに達するようになりました。
この商品は一般市場での販売には、料・価格の両面で流通困難なため、ほとんどの方はご存じないと思います。
しかし、一部の専門店では、ごくわずかですが既に流通しているのです。
また当養蜂場では、以前から、この味・色・香り・濃度・花の状況・採蜜技術にこだわった商品を業務用として、高級レストランや料理店に提供させていただき、多くのはちみつの中からプロの料理人の皆様にも認められ、ご利用いただいている折り紙付きの品なのです。

価格は高いの?

異常気象は世界中の蜂蜜の生産を減少させています。 大産地の中国でさえ、3割減です。
蜂蜜の価格は品質の良い悪いに関わらず、世界的に異常な値上がりを見せています。
中国産のはちみつでも値上がりは必至で、中でも質のいいものはなおさら、3〜4年前までの国産並みの価格になっています。

お腹が不調な時に

下痢や便秘にもとても良いとされる蜂蜜。グルコン酸やオリゴ糖が善玉大腸菌の餌となり、その活動を促します。
細菌の感染で起こった下痢には、抗菌作用に合わせて粘膜を修復する作用が細菌感染でダメージを受けた腸に良い影響を与え、穏やかにお腹の調子を整えていきます。

疲労回復にも

糖類は身体を動かすのに最も利用しやすいエネルギー源です。
また、糖質は頭脳への唯一のエネルギーでもあるので、筋肉だけでなく脳の働きを高めるためにも効果的です。
はちみつの果糖・ブドウ糖は単糖類なので、砂糖のように消化をする必要がないので抜群の即効性で疲労を回復していきます。

スキンケアや美肌・美髪にも

蜂蜜を食するとお肌の大敵、便秘の解消によく、また血行をよくすることで肌の美しさを保ちます。
子供の頃、唇があれるとお母さんが蜂蜜を塗ってくれたことがありませんか?
これは、蜂蜜の持つ抗菌力と保湿力を利用するためで、顔やなどのスキンケアへもそれは十分に発揮されます。簡単に自分用に手作りしてみませんか。
化粧水にほんの少し蜂蜜を入れておくと意外とベトツキ感もなく、しっとりとした肌が保てます。
さらにシャンプーにも同様にお試し下さい。髪の毛にもつやが出てしっとりとしてきます。

はちみつ包帯を傷に

傷口を清潔にした状態で、はちみつをたっぷりとしみ込ませたガーゼや包帯を直接あてるだけの簡単な治療法です。
包帯は1日1回のお取り替えで大丈夫です。
はちみつは皮膚への粘着性があまり無いため、傷口に張り付きにくく、快適にそして安全に傷を治してくれます。

精神のリラックスにも

甘い物の効果として幸福感があります。はちみつに含まれている果糖は、急激な血糖の上昇を抑えてくれるので、不快感を起こす、高血糖のためのアドレナリンの分泌が無く、幸福感を持続してくれます。
気分を鎮めて精神をリラックスさせてくれるアセチルコリンの働きも期待できますので、天然の成分で安心してリラックス出来る蜂蜜は、プレッシャーのかかりやすいスポーツ選手や受験生、緊張感の中で毎日働くお父さんにもぜひご愛用をお薦めします。

糖尿病にも

糖尿病の多くは、すい臓から出るインシュリンが不足することからおきます。インシュリンの不足によって体内のブドウ糖が利用されなくなると血液中にブドウ糖が残り、それが尿に混じって排泄されるために「糖尿病」という病名となっています。
蜂蜜に含まれる果糖はインシュリンを使わない糖なので、砂糖を摂取した時よりも血糖値の上昇を抑えてくれます。その上蜂蜜は、砂糖よりも少ない量で甘みを感じるのでカロリーダウンにもとても良く、ビタミンで血行をよくして脂肪の燃焼も助けてくれます。
※ まだまだ蜂蜜にはいいところがたくさんありますので、またご紹介します